ipad2

優れた“メモ”システム

お買いものリスト、おもいついたアイデア、重大なメモ等、以後は忘れずに全部取り置くことが出来ます。
頭にさっさと浮かんだら、iPad 2に直ちに書きとめておきましょう。
こうして、それをおもい起こしたいときがあったら、頭をひねって策すると比べると先に、iPad 2を引き出しましょう。
覚えておきたいことや、忘れたくないことがあったら、iPad 2のアプリケーションケーション“メモ”に書きとめて、いつだとしても何処へも持ち歩行ましょう。
大きなiPad 2のディスプレイには、おもいついたことを何だとしても書けるスペースが十分整備されています。
縦向きで応用する時は、iPad 2全体が大きなメモ用紙になり、横向きに持つと、メモ用紙の横に他に登録されているメモがリストで映されます。
削除や追加もタップするだけですし、メモをまくることも出来ます。
リストには、赤い線で近頃のメモが囲まれているので、全くわかり易いです。
大きくて使い易いキーボードがスクリーン上に映されるので、急にメモ望む時だとしても容易です。
テキストも、読みやすく鮮明に映されます。
英文のケースは、自動的に句読点の挿入やスペルの修正もおこないます。
みんなに知らせたい情報をその場で書きとめ、みんなにE-mailすることも出来ます。
iPad 2は多彩なアプリケーションケーションが連係するようになっているので、メモに存在する住所や電話番号をタップするだけで、“連絡先”に登録されている連絡先や、“マップ”で地図を解くことも出来ます。
又、iTunesを応用して、WindowsやMacのパーソナル・コンピュータにメモをシンクすることも容易です。

音楽お好みな人におススメの“GarageBand”

iPad 2のアプリケーションケーションで、音楽が大スキな人におススメなのが“GarageBand”です。
これさえあれば、いつだとしても何処だとしても、自分自身で最高の曲を作って録音することが出来ます。
GarageBandは“App Store”からオーダー出来ます
GarageBandは、表現力の潤沢な本ものみたいにな楽器が、マルチタッチで容易に演奏出来ます。
当然、本ものの楽器では出来ないようなシステムも備えています。
Drums・・・リズムをタップで刻み込むことが出来る“アコースティックドラムセット”は3部類あり、タップの強弱によって、スネア、タム、バスドラム、シンバル、ハイハットの音量や音色を調整出来ます。
Keyboards・・・グランドピアノやシンセサイザー、オルガンといった、キーボードコレクションが潤沢に整備されています。
おのおの個性的なサウンドとルックスで、演奏の特色のカスタマイズも出来ます。
タップを著しくすることによって音は大きくなり、ソフトにすることによって音も小さくなります。
殆んど本ものの楽器を触っているかのやうです。
演奏しているテンションを味わえる自動演奏システム“Smart Instruments”もあるので、楽器にまるっきり触ったことのない人も、プロミュージシャンみたいに本格的な演奏が出来ます。
Smart Guitars・・・エレクトリックギターとアコースティックは、コードをストロークやフィンガーピッキングでプレイ出来ます。
オリジナルメロディやリフをタップによって創ることも出来ます。
Smart Drums・・・スネアやバスドラム、シンバルをドラッグ&ドロップして、オリジナルビートを製作することが出来ます。
又、パートをおのおの動かして、ケースをチェンジさせてみるのも容易です。
GarageBandには、レコーディネートィングスタジオの使命も果たします。
Touch Instrumentsの演奏や録音したサウンド等を自由に組み合わせたり、ミキシングやアレンジしたりすることが出来ます。
iPad 2とGarageBandで、プロミュージシャンテンションを満喫してちょうだい。

iPod 2で新聞をリーディング

タッチパネルを採用したiPad 2の艶やかさは、多彩なアプリケーションケーションを“App Store”で増し、ダウンロード出来ることでしょう。
ポータブルなiPad 2で本領を発揮するのが、特ダネが出先も入手出来る新聞やニュースにかんするアプリケーションです。
これさえあれば、通勤電車のなかで新聞や雑誌をガサガサと広げるのは、既に時代遅れかも知れません。
ここではiPad 2で使を対象としているものきる新聞やニュース関連のアプリケーションを案内します。
ニホン経済新聞 電子版・・・ニホン経済新聞に記載されているものと、ほぼ同じ記事を表示しています。
電子版の有料会員は本アプリケーションに加え、携帯やパーソナル・コンピュータからも使を対象としているものきます。
電子版のコンテンツから“朝刊/夕刊”と“速報”の掴むことが出来ます。
とっくに取り込んでいる記事は、通信が不安定な環境条件だとしてもよむことが出来ます。
AFPBB News・・・国際ニュースの“AFPBB News”による、最新ニュースの記事掴むことが出来ます。
このサイトは、直ぐにワールド中のニュースを翻訳・編集し、写真付きで配信しているニュースサイトです。
ニュース記事は、一時的にそのデータをアプリケーションケーション内に保全するので、回線状況を気にせずに掴むことができて楽です。
東スポ芸能・・・ユーモアたくさんの紙面構成と数多くの芸能スクープ記事で、いっぱいのファンをもつエンターテインメント紙“東京スポーツ競技新聞”をiPad 2で掴むこと出来ます。
又、350円の課金をしたケース、東スポ芸能のコンテンツがオーダー後月収間読み放題となってきます。

iPad 2の充電に対して

iPad 2をパーソナル・コンピュータに結びつける際に、“充電していません”と残量表示部に映されることが有ります。
iPad 2は、充電する際に高出力10WのUSBポートが必要です。
それによって、ACアダプタやパーソナル・コンピュータの部類によっては、iPad 2を充電することができなくなります。
必要なのは、iPad 2本体に付属しているACアダプタや純正ACアダプタ、またはiPad 2に対応するACアダプタ(高出力10W以上)です。
一定グレードのUSB ACアダプタの出力電圧は5Vですので、2A以上の出力電流のものを応用ちょうだい。
ただ、“充電していません”という表示が出ていても、事実には少しずつ少しずつ充電されており、接続をいくらかの時間していると、残量はわずかながら増加していくのです。
ただし、定格を下回った充電器で充電したケース、充電器が過熱を起こしたり、故障したり、最悪のケースは発火の恐れもあるので忠告が必要です。
又、iPadに内蔵されているバッテリーは、iPhoneやiPodと同様に交換することが出来ません。
これによって、充電システムが落ちてきたケースは、“UPルストア”で交換してもらいましょう。
保証は1年間で、その保証スポットはバッテリーが不良となったケースとしています。
“AppleCare Protection Plan”に参画したケースは、2年間まで保証期間を引き延ばすことが出来ます。
バッテリー容量が保証期間中に当初の50%以下まで劣化していたら、Appleでは無償でバッテリーを交換してもらえる。
保証期間を通り越していたら、目新しいバッテリーに6,800円で交換出来ます。
尚、Appleは、バッテリーの処分を環境条件に手厚い手順で行っています。

iPad 2を保護するカバー

“iPad Smart Cover”は、iPad 2の為に創られた多システムのカバーです。
このiPad Smart Coverは、かなり優れていますが、1つだけ無念のは、iPad 2の背面は保護することが出来ない点です。
ですのでおススメなのが、トリニティの“Smart BACK Cover for iPad 2”です。
これは、iPad 2の背面をしっかり保護し、iPad Smart Coverとも併を対象としているものきるカバーです。
Smart BACK Cover for iPad 2は、無い透明のジャケットで、iPad 2の背面を保護します。
耐衝撃性は大してゼロやうですが、傷の防止にはなります。
Smart BACK Cover for iPad 2は、iPad Smart Coverの際立つシステムを邪魔せずに、iPad 2の背面を保護します。
この2つのカバーはうってつけマッチしていると言って良いでしょう。
ただ、外にiPad 2を持ち出すときは、しばし耐衝撃性がシビアなと安心かも知れません。
そういったときには、SoftBank SELECTIONの“ ホルダーケース for iPad 2”がおススメです。
色は、ブラックとクリームがあって、タイピングし易い角度になる台座としてのシステムも有ります。
台座にした有り様では、iPad Smart Coverと比べるとこちらのほうが使い易いやうです。
又、自立させた有り様だとしても、iPad Smart Coverと比べるとリライアビリティが少し高いやうです。