英語リスニング

リスニングが上手くなる為には

リスニングをしていて出来ないと嘆いている人の理由として“英単語をあまり知らない”“文法をあまり知らない”“英単語の的確発音を知らない”“音を聴き確保する事が出来ない”というのが挙げられるやうです。

先ず知らない単語をいくら聴いても分かる事は有りません。

文法も知らなければゆえんが分かるはずも有りません。

分からないのに聴いたって分かるはずがないですよね。

中学校や高校で習う英語のケース、リスニング以外の所に重点を置いているとおもいます。

だとしても単語や文法はちゃんと習うはずですのでリスニングの為にちゃんと勉学しておく事をお奨めします。

次に単語は的確発音で覚えなければゆえんがございません。

机上であるのならカタカナ読みして覚えてしまいます。

“りんご”→“UPル”と覚えてしまってはリスニングは無理です。

“アッポゥ”という感覚にリスニングで流されたら分からないですよね。

ですので発音も伴に覚えていってちょうだい。

今の時代、楽になりましたよね。

電子辞書に英語の発音システムが付いている物も有るやうです。

またインターネット上の0円辞書だとしても聴く事が出来ますので願わくは応用していただきたい物です

そして音声と同じ様に発音したり、書いたりして自分の物にしていってちょうだい。

慣れていくとスピードを速めても大丈夫になってきますので願わくは地道にカギカギと頑張りましょう。

また直ぐに勉学の結末が出ないからと言って焦らないようにもしましょう。

洋画DVDでリスニングを勉強する


今はDVDのムービーをご家族で見るのも自然ですよね。

DVDは字幕も音声も英語とニッポン語とどちらにだとしても自由に切り替える事が出来ますので、セリフを覚えたり、聴き取ったり、会話としての英語を覚えたりとリスニングの勉学にはもってこいですのです

おお好みなムービーを活用したケースではさらに飽きずに勉学する事が出来ますよ。

DVDを見るにはDVDプレーヤーが必要となってきますが、PS3とかパーソナル・コンピューター等だとしても見る事が出来ます。

またDVDを買入したケースではなると2000~3000円位はかかるかとおもいますが、レンタルを行なうと数百円で済みますので楽ですよ。

DVDには色んなカテゴリーのムービーが有ります。

ミステリー系を選択したケースでは警察関連の単語を覚えていき易いですし、恋愛系なら恋愛関連、ファミリー系なら日常会話関連等、選択するカテゴリーによって覚える単語が変化してきます

またムービーは何も洋画に限らなくても良いです。

邦画のなかにも英語音声、英語字幕が出る物が有ります。

宮崎駿アニメなんかも出来るやうですので試してみたら良いかも知れませんね。

ニッポン語の表現がどう英訳されているのか楽しみなリスニングだとおもいますよ。

ニッポン語音声で英語字幕、英語音声で英語字幕と手順を変更すると色んな方向からリスニングが出来ますよ。

英語を勉学するのに何も堅苦しくなる必要は有りません。

ムービーという娯楽の一貫としてリスニングの勉学を取り入れる。

楽しく勉学出来やうですよね。

兎にも角にも持続は力なりです。

日々カギカギと実行していきましょう。

CNNのニュースでリスニング力をつけよう


英語を覚える方式としてCNNニュースを見る方式を選択する方も結構いる様です。

ニュースですので綺麗な英語をリスニングできて学ぶ事が出来ます

かなり良いリスニング勉学法だとおもうのですが、一つ問題があって、一定段階は衛星放送を対象としたチューナーを通して見る事なってお金がかかってしまいます。

しかし今はインターネットという楽なツールが有ります。

CNNのサイトを活用したケースでは0円で見る事が出来るのです。

ここに記事が載っていますので気になる記事をクリックしムービーを確かめてちょうだい。

大体3~10分位だとおもいます。

サイトを活用する事で0円で、しかもリフレーン見る事が出来るメリットが与えられます。

そして音声や画像をダウンロード出来ればiPod等のモバイル音楽プレーヤーに取り込む事が可能となってきますのでいつだとしても見る事が出来る様になります。

但しデメリットも有ります。

ニッポン語訳が無いという事です。

初心者の方だと全く聴き確保出来ないかも知れず逆に苦痛と感覚る見込みも高いです。

そういうケースはCNNにこだわらず、英文スクリプトが付いているニュースサイトを活用したケースでは良いですよ。

スクリプトを読みながらだと分かり易いし、こう発音するんだという確認にもなるのでリスニングにはもってこいですよね。

またニッポン人向けに創られたサイト等もいっぱい有りますので探してみると良いでしょう。

またCNNではニッポン語サイトもあるらしいので英語版のサイトと比較してみると良いかも知れませんね。