英語リスニング

リスニング力をつける為の方法

“静聴”と“多聴”を組み合わせる事で英語のリスニングの勉学が出来ると言われています。

これはヒアリングマラソン等にも採用されている勉学方式になりますのでかなり効き目が高い勉学法ですのです。

先ず“静聴”に関連してですが、何回もしっかり聞いて英語を聴き確保したケースでは言う方式、“多聴”は色んな英語をいっぱい聴くという方式になります。

だとしても単に聴くだけでは駄目で忠告してほしい事柄を挙げてみましょう。

英語を勉学する事自体初心者の方は多聴より静聴を先に行なうべきだとおもいます。

多聴を行ったとしても英語のゆえん自体が分からないので単に聴き流してしまう事になります。

それではリスニング力なんてUPするはずが有りませんよね

ですので先ずは静聴を行って英単語から英文をちゃんと聴き取れる様になりましょう。

逆に英語の上級者の方は兎にも角にも色んな英文を聴く“多聴”が良いとおもいます。

聴き流しても大体のゆえんを心得する事が出来るとおもいますので、リスニング力UPには効き目てきめんですよ。

さらに英語に触れる機会を多くして行ける様に環境条件創りに取りこんでみては如何でしょうかでしょうか

そして中級者のケースは多聴と静聴を混ぜ合わせて行なう勉学方式が良いとおもいます。

この様に自分の段階に合わせて勉学方式もチェンジさせていくとリスニング力もUPしやすくなりますよ。

欲を言ったらリスニング力が出来ない理由も探してみると良いでしょう。

その上で対策の手法等をかんがえていくと良いですよ。

言葉のスピードについていけない場合


リスニングが苦手だというケース、大抵は苦手になる原因が有るとおもいます。

その主な原因として“英語を発音しているスピードに対していけない”という事が挙げられます。

何回も英語をリスニングしているのに心得出来ない、何を言っているのか早すぎて聴こえないというケース、一回リスニングを行なうのを止めてみるというのはいかがですか。

但し単純にリスニングを止めてしまうとダメです。

以下に挙げてみる事を実行して、今のリスニングの勉学を止めてみましょう。

先ずは“英単語を覚える”という事を実行してみましょう。

知っている単語がわずかとどうしても聴き確保出来ないし、ゆえんを心得するのは難しいとおもいます。

その事がさらにスピードに対していけてない原因にもなっているとおもいます

ですので単語を覚える事でゆえんも心得しやすくなりますし結末的に話すスピードにもついていける様なってす。

次に英文をリーディングトレーニング、リーディングをトレーニングしていきます。

慣れていったら徐々にスピードを上げていきます。

ゆえんを心得した英文で行なう事でおのずとスピードにも慣れてくる様になりリスニングも出来る様になってくるとおもうのです。

この時は文法がしっかりした語順通りに覚える様にしていく事が重要となってきます。

また英文自体が分からなければいくら聞いたって心得出来る訳がございません

リーディングやライティングをリフレーンて英文を分かる様にする事が重要ですのです。

こうしたトレーニングを行なう事で一定段階のリスニングトレーニングに戻っても昔のスピードだとしても聴き取れる様になっているかも知れませんよ。

ヒアリングマラソンでヒアリング学習をしよう


勉学ってやるのは嫌だと思っている人が沢山とおもいます。

特に英語のヒアリングに関連しては初級者にとってはどうやって力をつけていけば良いか悩む所だとおもうのです。

そこで楽しみながら持続し易いヒアリング勉学の教材として“ヒアリングマラソン”というのが有ります。

今までに受講した人が100全ての人以上、専門業者の研修用として採用しているのも2300社以上と多くの実績を誇っている大好評教材ですのです。

それだけ沢山人が活用しているのであるのなら信頼出来ますよね。

教材は毎月更新され、最新のトピックを取り入れる等、バラエティーに富んでいますので楽しく、しかも飽きないで勉学する事が出来る様になっています。

また新しくなる事でモチベーションを下げずに英語の勉学が出来るのは嬉しい事ではないでしょうか

ムービーの中ラジオドラマのなかで現実に使われ、しかも英会話にそのまま活用する事が出来る物、色んなカテゴリーを取り入れていますので使えるリスニング勉学法ですのです。

この様にヒアリングマラソンは自然なスピードで話す生の英語を聴き、リスニング力をつけていく事を目標としている物で、英語に馴染みがないニッポン人が、英語のリズム、スピードを学修ていく事が出来ます。

但し一石二鳥で出来る物ではございません。

力をつける為に要する時間を1000時間とたカリキュラム構成となっています。

ヒアリングマラソンは、英語のリスニングだけでなく、シャドーイング、ディクテーション等の勉学にも合わせて活用出来ますよ。