英語リスニング

リスニング力がつくまでの時間はどれくらいでしょう

ずっとリスニングをしているけれどもどれくらい英語をリスニングしたらうまく聴き取れる様になるのだろうとおもう人はいっぱいいるとおもいます。

聞いていても大半聴き確保出来ない英語を聞いているのはちょっとしんどいかも知れません。

ではどれくらい英語のリスニングを続けたら上手く聴き取れる様なってしょうか。

先ずは焦らないで頂戴と言いたいです。

例えるなら階段を一歩ずつ上がっていく感覚で段階UPしていくと思っていただければ良いでしょう。

途中、全然段階UPが出来ない停滞時期が有りますが、我慢して続けている事である日自分にリスニングの力が付いている事を実感するでしょう。

階段を一段上がるまでが結構大変かも知れませんが、大体300時間位とかんがえてくれれば目安になるかも知れませんね。

日々2時間で5ヶ月、3時間なら3ヶ月と言った所でしょうか

この期間を超えたら後は一歩ずつ確実に上がっていけるとおもいますよ。

確かに辛い時期も沢山というのはおもいますが、達成した時の感覚は何物にも変えがたいとおもいますよ。

じゃぁ、頑張って聞いていれば今きけない英文もきける様になるのかと言ったらそう容易では有りません。

初めは分かり易い英文から、そしてスピードもゆっくりした物を選定して聞いていき、徐々に段階UPしていくと良いとおもいますよ。

石川遼選手がやったと言われているスピードラーニングもお奨めです。

一日たった10分聴くだけです。

日々続ける事にゆえんが有りますので、焦らずゆっくり段階UPしていきましょう。

TOEICのリスニングの学習法


TOEICの考課を受ける為に英語の勉学をいっぱいしたケースではおもいますが、リスニングの勉学に関連しては兎にも角にも英語を聴く事に限るとおもいます。

初めの内は何を言っているか分からないかも知れませんが、何回もリフレーンて聴いている内に徐々に単語も文面も聴けるようになってくる様になるとおもいます。

当然その前に文面を見ながら発音を聴いてみるというのが先なってすが。

こうして行くうちに英語自体に慣れていき、英語を学修られる様になってくるのです

例えばムービーの字幕等が良いかも知れませんね。

DVDのケースは英語の字幕も見られますので、初めは音声をニッポン語で字幕を英語にする。

次は音声を英語で字幕も英語にする。

というのをリフレーンて行くと何を言っているのかが分かり易いとおもいます。

今はこうした英語の発音を聴く為の0円サイトがいっぱい有ります。

iPodではポッドキャスト等が0円で聴けますから手がるに聴く事が出来てかなり楽ですよ。

リスニングは兎にも角にも本当の英語の発音を聴けるようになる事、ゆえんが分かる様になる事が重要ですので願わくは慣れる様にしてちょうだいね

TOEICの考課は難しいですがこうした勉学を行なう事でリスニングの克服にはなるとおもいます。

同じ事をリフレーンリフレーン行なう事で慣れが生じてきてボディーに英語が染みついてくる様になるとおもいますよ。

そうなったら後はしめた物です。

初めは分からなくて面倒かも知れませんが願わくは試してみてちょうだいね。

洋楽でリスニングを勉強しよう


英語を勉学している方で洋楽を聞いてリスニングの勉学をしようとかんがえた事が有る方はいっぱいいるとおもいます。

当然この方式だとしてもリスニング勉学は出来るとおもいますが、この勉学にもメリット、デメリットが有りますのでご案内してみましょう。

リスニング勉学を行なう為に洋楽を用いる際、メリットとして挙げられるのは洋楽ですので自分も伴になって歌いますよね。

こうしていく内におのずと音の連結、音の脱落が分かる様になるメリットが有ります

英文を言う際単語の語尾が子音、次の単語の頭が母音のケース、単語が繋がって聴こえます。

どちらも子音のケースは言いがたくなりますので消えてしまいます。

こうした発音に関連する事はリスニングではかなりたいせつな事です

洋楽を聴きながらだと楽しく出来るとおもいますよ。

先ずは洋楽を聞いてリスニングする。

歌詞を見てスクリプトして確かめる。

どう発音されているかリスニングしながら音の連結と脱落に関連して確かめる。

という勉学方式を行なえば具体的には良いとおもいます。

ではデメリットに関連してですが、洋楽で使われている歌詞は日常生活では使われない言葉を用いるケースがあるので実践的ではない見込みが有る。

イントネーションも音楽に合わせているので正しく聴き確保出来ないケースも有る。

という事が有ります。

洋楽で英語のリスニングを勉学するのはテンション転換で行なうには良い方式ではないかとおもいますが、メインの勉学法にするにはちょっとシビアなかなとおもいます