英語リスニング

Voice of Americaでリスニングの学習をしよう

Voice of America(通称VOA)は米国から発信されている英語放送のサイトを指しています。

シンプルな英語を1500語位活用しているという事、ゆっくりと英語を話てくれている事からリスニングの勉学がかなりし易い感覚になっています。

一定段階に英語のリスニングをやろうと思って聴いても、早すぎて何を言っているか分からず、結局挫折してしまうという事も少なくないとおもいます。

そうしたデメリット部位が補われているのがVoice of Americaですのです。

初級者にさらに嬉しいのは英語のスクリプトが有るという事です

例え何を喋っているか分からなくてもスクリプトを見て確かめる事が出来ます。

こうしたサイトは他にない様な感覚がします。

Voice of Americaでゆっくりと英語を聴いてリスニング力をUPさせていきましょう?VOAで取り扱っている内容はニュースを始め、お勤め面、文化面、芸術面等多彩なカテゴリー構成になっています。

自分が関心が有る物をこの中から探し、聴いてみると良いでしょう

さらに英単語を聴いたりゲームを活用して英語を勉学出来る様なコンテンツが手配されているので活用してみると良いでしょう。

英語のサイトですのでニッポン語が何処にも無いという心理的負荷は感覚るかも知れませんが、英語スクリプトが有るので調べながらになるかも知れません。

だとしても調べると覚えるとおもいますので良いかも知れませんね。

どうしてもニッポン語があったら嬉しいというケースはVOAを使ったスーパーエルマーというのを活用したケースでは良いでしょう。

英語を読めなきゃリスニングは無理だと思うのです


英語の英文は読めないけどリスニングはしたい。

というのはそもそも無理な様な気がします

当然そういう方もいるでしょうが、わたしたちニッポン人が母国語以外の英語を学のであるのなら言葉も含めて学んで言った方がより効率的ではないかとおもうのです。

絶対に出来ないというのはいいませんが、修得するまでの道のりは遠いのではないかと感覚るのです

多分しっかりその辺を心得している英会話スクールであるのなら英文が載っている教材を創り、リスニングとリーディングを同じ時に学ばせていこうとしたケースではおもいます。

言葉を読めないのに聞いた所で心得は難しいとおもいますので、読解トレーニングを行なう事から始めましょう。

だとしても“自分は英文が読めないんだ”という方もいるというのはおもいます

その段階は人いろいろでしょう。

本質的な英文はよくてもちょっと応用されるとアウトな方、中学校1~2年の段階なら良いという方実にいろいろです。

もしあなたが英文を読めない段階が中学校の勉学以下だとしたらきっと基礎的な事も頭に入っていない物とおもいます。

英語を話すには本質的な語順を覚えておく必要が有ります。

そうしたケースではリスニングをしていてもスッと頭に入ってくるでしょう

先ずは英文を読める様になる事、その上でリスニングで英語を聞いて心得していくという事、ニッポンで英語を学んでいく為にはやはりこうした勉学の順番も必要かとおもいますよ

頑張って勉学をして英語が聴けて話せる様になりましょう。

その為にリスニングをしっかりしましょう。

独学で行うリスニング学習法【英語の音を知る】


英語の音を知っておく事が出来ないとリスニング昔の問題で何も出来ません。

ですので英語の音に関連して知る事から始めた方が良いとおもいます。

具体的にどうするかというと、発音記号の音に関連して認識する事、認識出来たら発音する事が出来る様になる事です。

発音は正しく覚えておかないと英語を聴きとる時に困難になります。

ニッポン人の英語はどちらかというとカタカナ発音が沢山ですよね。

アクセントや英語を発音する際のテンポや強弱がしっかりしているとカタカナ発音だとしても通じるケースが有ります

しかしこれは的確英語の発音という事では有りませんよね。

ちゃんとした英語の発音を知らないとリスニングの時にちゃんとした聴き分けが出来なくなる見込みが有るのです。

例えば“Right”と“Light”、右と光というゆえんですがカタカナ読みだとどちらも“ライト”ですよね。

カタカナだとどちらの事を言っているのか分かりません。

英語はニッポン語と比べて母音が沢山ですのでこうした事が起こる訳です。

英語のきちんとした音を知っているとこれらの使い分けも出来ますし聴きとる事も可能となってきます。

他にも“bag”“bug”はどちらも“バッグ”と言いますし“hat”“Hut”はどちらも“ハット”と言います

発音は同じでゆえんが違う、ニッポン語にも有りますがアクセントで使い分けています。

ちゃんとした音を知っているからこそゆえんを心得出来るし発音も出来るのです。

英語も同じです。

的確音をきちんと心得し、英語の発音をしっかりする事、これが独学でリスニングの勉学を行なう方式の1つだとおもいます。