英語リスニング

英語を聞き取れる様になりたい

誰だとしても英語を聴き取れたら良いなぁっておもいますよね。

リーディング事が出来たとしても話をされると何を言っているのか分からないという事も沢山です。

また同じ英語だとしてもニッポン人が言うのと外国人が言うのとでは発音やスピードが違ったりもします。

目標としてはネイティブの人の話す内容が分かれば良いんだけどとおもいますよね。

あるくらい英語を心得している人であるのなら、英語をずっと聴き続けるという事だとしても良いでしょうが、初級者のケース聞いた所で単語さえ心得出来無いのですので嫌になる一方ではないでしょうか。

先ずは、英語雑誌に付いていることの多いCDをチャプター毎に2回ほど聞いてみます。

次に英文を横において見ながら聞いてみます。

その上で再度見ないで聞いてみましょう。

あるくらい内容も心得していますし、発音自体も何処の単語で区切って発音しているのかが分かり易いとおもいます。

単語を心得しながら聞いて発音を心得していく。

何度もリフレーンている内に耳が英語に慣れてくるとおもいますよ。

初めは短い文面から始めてみましょう。

こうしたリスニング教材はいっぱい溢れていますので探してみると良いでしょう。

そのなかで自分にちゃんと合ったリズムや段階のリスニング教材が見つかってくるとおもいますよ

それがだいぶ慣れて来たら今度はひたすらリーディング事をして、色んな単語を頭に入れていく事も必要となってきます。

読んで聞いて心得してを繰り返す

これがリスニングには欠かせないのです。

英語を話したいのであるのならひたすらトレーニングあるのみですよ。

リスニング力をつけるコツ


リスニング力をつける為にはカギを知っておいた方が良いでしょう。

世間一般的にリスニング力をつける為には英語をいっぱい聴くという方式が良いと言われています

しかしこの手順は英語があるくらい出来る中~上級者にとっては良いかも知れませんが、初心者にとってはあまり効きお目当てな方式だというのはおもえません。

百貨ショップ等でかかっている曲をおもい浮かべてみましょう。

集中して聞いていないので単純にBGMと化してしまって歌詞等一切頭に入ってないのと同じです。

歌詞を覚えたいなら、音楽曲に合わせて意識を集中させて聴く必要が有るとおもうのです。

リスニングもこれと同じ事が言えるでしょう。

ではどうしたらリスニング力がつくのでしょうかというと“シャドーイング”と呼ばれる方式が良いやうです。

聞いた英語を後から同じ様に口に出して真似して発音する方式の事で“森のくまさん”の輪唱と同じ様な感覚ですね。

“ある~日”と言ったら“ある~日”と追いかけて口に出すという事です。

これはかなりメジャーなトレーニング方式で通訳を志している人がよく活用している方式だやうです。

なんだ容易だなと思っている人も沢山とおもいますが、現実にやってみると思ったように発音出来ず、ビックリするかも知れませんね。

だとしても諦めないで続ける事で徐々に出来る様になってきますよ。

またリスニング力だけじゃなく、発音力もUPさせる事が出来ますので一石二鳥でしょう。

あるくらい続けてみたら結構英会話の力がついている事にビックリするかも知れませんよ。

間違っているリスニング勉強法


自分自身では良いと思ってやっているリスニングの勉学方式ですが、それが間違っているとしたらいかがですか。

悲しくなりますよね。

そこで間違っているリスニングの勉学方式を挙げてみたいとおもいますので、自分の方式と照らし合わせてみて頂戴。

【外国人が製作した教材を活用している】今活用している教材はどなたが作っている物でしょうか。

外国人の先生に英語を教えてもらうのが随一の最短コースとかんがえている方も沢山でしょう。

外国の現場で行なうならそれは良い方式だとおもいます。

しかしリスニングの勉学を行なうのであるのなら英語が出来るニッポン人に教えてもらうのが良いのです。

同じニッポン人、何が分からないのかを心得してくれ易いからです。

ですのでリスニングもこうすることによって良いというポイント等を教えてもらえるのです。

だから外国人じゃなくニッポン人が製作している教材を活用する方が良いのです。

【英語を対象とした周波数をボディーに覚えこます】昔色んな方が言っていた説ですが、ニッポン語と英語の話す周波数がおのおの違うからニッポン人は英語を聴き確保出来ないと言われていた事が有りました。

だから英語の周波数で英語を聴き続け、英語脳をつくろうという勉学方式をしている方がいるのです。

しかしドイツ語もイギリス英語もフランス語も英語というのは話す周波数がちがいますが、皆さん比較的英語の才覚は有りますよね。

それならこのかんがえは間違っているという事になります。

英語だって同じ言葉ですので周波数なんか関係ないとおもうのです。