英語リスニング

英語のリスニングについて

英語のリスニングって何の事か知っていますか?相手が言っている英語が聴き取れる事、そのゆえんを心得出来る事を指しています。

いくら聴き取りが出来ていたとしてもゆえんまできちんと把握出来ているかは分かりませんよね。

ゆえんまで把握していくには英語をいっぱい聞いたり、活字をリーディング事が必要となってくるのです。

ニッポン語と英語では発音の手法が本質的にちがいます。

ニッポン語では単独の音として扱うのに対して、英語だと数多くの発音になるものが出て来ます。

“L”“R”“N”“M”等が代表的ですよね。

こうした音を連続して発音したケースでは聴こえ方も変化してくる事もあり、こうしたチェンジに対応出来て聴き取れる様になる事がリスニングでははたいせつですのです。

そして聴き分けが出来なかったとしても前後のゆえんをかんがえるとゆえんが分かったりするケースも多く有ります

要は英語に対する知識が十分にあれば、聴き取りが多かれ少なかれ出来なくても他で賄えるのです。

またゆえんも把握する事でリスニング力が全体的に付いてきたという事も言えます。

リスニングには今までの英語に携わる時間、聞いたり読んだりした期間や時間が段階的に深く関わってくるとおもうのです。

リスニングの力を付けていく為には、聴き取りが完璧じゃなかったとしても、それをどれだけ補う為の力が有るのか知識を付ける事も重要ですのです。

ですので聴き取りが出来る事、ゆえんが心得出来る事がリスニングの要素として挙げられるのです。

こうした事を踏まえてリスニング力を付けていく様にしましょう。

英語のリスニングはとても大切です


ニッポン人は英語を学校で勉学しているにも関わらず、英語を話せない方がすさまじく沢山ですよね。

こうした現象はニッポン位だと言われています。

英語を話せる様になるにはリスニングがたいせつです。

ニッポンの学校で行なわれている英語の授業ではリーディング事と書く事が主体となっています。

英語を話す為には“聴く事”“話す事”“リーディング事”“書く事”が絶対的に必要ですのです。

今より英語を話す事が出来る様になるには、いっぱいの英語を聴く事が重要となってきます。

会話は相手が言っている事を聴き取れなければ成り立ちません。

聴き取れるからこそ、ゆえんも心得する事ができ、こちらも話す事が出来るのです。

聴き確保出来ない音は心得出来ないのですので、言葉に出して話す事も難しいでしょう。

だからこそリスニングは重要ですのです。

英語を勉学する際は、話す事より先に聴き確保する事を主として勉学していくと良いでしょう。

大おお好みなアーティストの新曲を覚える時って先ずは聴きますよね。

何回も聞いて覚えていくとおもうのです。

それは目や手ではなくて耳で聴くという事。

そして鼻歌を歌いながら口に出して、きちんと覚えていく様になってます。

英語もそれと同じ、新しい歌だとおもいましょう。

何度も聞いてすぐに口に出して言う。

こうする事で、リスニングの力量を付ける事が出来る様になっていくのです。

ですので英語にはリスニングがかなり重要だという事なってす。

こうした理由も有りますから、英語を勉学する際にはリスニングに力を入れる様にしましょう。

英語のリスニングが出来るサイト


英会話が出来る様に英語のリスニングがしたいとおもう人は沢山でしょう。

しかし勉学する為に色々とお金を活用してしまうのもちょっと嫌ですよね。

そこで英語のリスニングが0円で出来るサイトというのがインターネット上にいくつか有りますのでご案内してみましょう。

【ペラペラ】ポピュラー英会話スクールのイーオンで行なわれているオンライン上で行なえる英語レッスンの事を指しています。

会員登録したケースでは大杉正明さんのレッスンを受ける事も出来ます。

0円ですので願わくは試してみると良いでしょう。

【ポッドキャスト】結構ポピュラーなのがポッドキャストですよね。

インターネット上には音声ファイルがいっぱい公開されています

それをダウンロードして聴くという方式になります。

音楽、ニュース、運動競技、ムービーとカテゴリーもいろいろですので日々違う英語を聴けて楽しめますよ。

英語の発音が聴けるのでかなり良いですよね。

お奨めの聴き方としてはiPod等、携帯プレーヤーで聴くという方式です。

こうしたケースでは電車の移行時間とか空き時間に聴く方式です。

日々通勤時間に聴く様にしたケースでは持続して聴く事が出来ますよね。

持続して聴く事で力を付けていく事が出来るのです。

0円で試せますので願わくはいっぱい聴いてみてちょうだいね。

【イオン・イングリッシュワールド】でリスニングに役に立つ内容が出来るメルマガが届きます。

これもスキル別に、メルマガがいくつも有りますので自分自身で、選んだケースで良いでしょう。

ちょっとした時に読める様に携帯で活用したケースでは良いかも知れませんね。