ヤフー知恵袋

ヤフー知恵袋のRSS

近頃のインターネットにおいて、とりわけニュースサイトを閲覧している人にとっては必須となっている「RSS」のシステム。
これは、イージーにいうと「サイトの情報のまとめ」ですね。
そのサイトにどのような情報が、あるかと言うことを報じるためのシステムです。
このRSSとしているときのおおかたは、更新状況を教える為に応用されています。
RSSは、ウェブページなどのWebサイト内に持ち込むもので、このRSSを組み込んでおくと、そのサイトの新着情報が、イージーに配信出来ます。
そのサイトの閲覧者は、RSSリーダーと言うツールを用い、RSSの情報を狙うことが、出来ます。
これによって、一つのツールによって数いっぱいのサイトのさら新情報を一度に見ることが、出来るのです。
RSSリーダーにはいろいろなスタイルが、有ります。
「Firefox」に代表されるブラウザ型RSSをはじめ、Web型、メーラー型、ティッカー型等が、それに該とうします。
本質的使命はどれも同じなので、使い易いものを選択すればOKです。
そういう楽なRSSですが、、ヤフー知恵袋においてもRSSは応用されています。
ヤフー知恵袋でRSSによって提供される情報は、「回答受付中の質問リスト」「無回答の質問リスト」「各カテゴリの質問リスト」等です。
これらのリストにかんする各種情報が、RSSに提供されるので、応用者にとっては「どんな質問が、書き込まれたのか」と言うことが、直ぐにわかります。
又、その質問のURLも全て記載されているので、RSSから直ぐに質問のページへ飛ぶことも出来ます。

ヤフー知恵袋のソーシャル本マーク

ヤフー知恵袋では、RSSだけでなくソーシャル本マークも応用出来ます。
ソーシャル本マークと言うのは、ウェブにおけるサービスの一つです。
元々はオンライン本マークサービスと呼ばれているサービスが、あり、その発展形として定着しているものです。
ソーシャル本マークは、自分の本マークをウェブに晒し、これを他の応用者と共有すると言うシステムのサービスです。
イージーにいえば、本マークの見せっこですね。
本質的に、本マークはブラウザ上で立ち向かうものです。
みんなは「大お好みな物」と言う形で各パーソナルコンピュータにおいて登録していることでしょう。
この「大お好みな物」と本マークはおんなじゆえんです。
自分が、よくいくサイトを大お好みな物に登録することで、巡回サイトのリストを作って、アッと言う間にそれらのサイトにアクセス出来るようになるこのシステムは大変に楽です。
そんな「大お好みな物」を共有することの利点は、イージーにいえば自分の嗜好嗜好と同じ人を見つけ出し、その人が、巡回しているサイトを自分も巡れると言う点です。
同じスタイルのサイトを登録している本マークを見つければ、よりの同ジャンルのサイトを苦もなく探し当てることが、出来るのです。
ヤフー知恵袋におけるソーシャル本マークの応用としては、質問ページにかんする共有として差し支えないでしょう。
イロイロな質問が、ある中で、自分と同じような疑問を携帯している人の本マークを見い出すことで、グングン痒いところに手が、届く質問を探す、等と言うことに応用出来ます。

ヤフー知恵袋の知恵袋アラート

ヤフー知恵袋としている人も、四六時中このサイトやMy知恵袋を閲覧しているわけではございませんね。
大抵のケース、自分が、引っかかる質問が、あるケースに、その質問と同じ旨の質問が、ないか見い出したり、自分自身で質問したりする為に訪れたり、暇が、あるたまに回答したり…といったように、さほど特定の時間と言うわけではなく、自分のテンションで決めることが、沢山でしょう。
そういった中で楽なのが、「知恵袋アラート」の存在です。
知恵袋アラートと言うのは、自分が、生成した質問に対して回答が、ついた時、また自分が、擦り込みた回答が、ベストワンアンサーに選ばれたケース等にeメイルで通知変わると言うシステムです。
その為、この知恵袋アラートとしていると、無駄な時間を使うこと無く回答を閲覧することが、出来ます。
ヤフー知恵袋における知恵袋アラートで通知変わる正味は、「自分の質問への回答投稿/編集」「質問の記載期間が、残り1日になった時」「質問が、取り消された時」「質問が、削除された時」「自分の回答が、ベストワンアンサーに選出された時」「自分の回答以外が、ベストワンアンサーに選出された時」「自分が、回答をつけている質問に補足が、追加された時」「回答が、取り消された時」「回答が、削除された時」です。
これらの通知は、必ず全て受け取るのではなく、自分自身でカスタマイズが、出来ます。
本質的には、質問や回答にかんしてなんらかの進展が、あったケースに通知されます。
知恵アラートの設定は、My知恵袋の上部タブ「設定」から「変更する」ボタンを押し、そこに表示されている「アラート通知正味」の中から、通知してほしい項目に確認を押し付け、通知先のeメイルアドレスを選択すればOKです。
このeメイルアドレス選択の際、パーソナルコンピュータ、携帯のどちらも設定することも出来るです。
各々に委細設定の正味が、若干異なり、確認を入れた後は、パーソナルコンピュータのケースは「eメイルのモデル」を、携帯のケースは「受信する時間帯」を設定することが、出来ます。